Skip to content

Company information

企業情報

Shaping container culture

“容器文化の形成”

すぐれた特性を持つプラスチック容器。私たちは更なる可能性を求めています。プラスチック素材の持つ機能を活かす射出延伸ブロー成形技術を更に高めることで、世界中の人々の生活を今よりもっと便利に、快適にすることができると考えます。より使いやすく、便利な形状の研究、素材の特性を活かした高機能な容器開発、新たなプラスチック容器活用のアイデアにいたるまで、容器開発を通じた文化形成を行ってまいります。

Benefiting the Earth

私たちが目指す “地球が儲かる”

ますます拡大するブラスチック容器可能性、ニーズ。その一方で求められる「省エネルギー」「地球環境保全」への対応。

私達はこの相反する要求に応えるコア技術として「直接温調方式によるシ ングルステージ成形」を更に進化させてまいります。極めて高い エネルギー効率を有するこのシステムは容器成形時における 環境負荷を最小し、地球にとって更なるメリットを提供し続けます。

私たちが目指すのは「地球が儲かる」こと。人類にとってではなく、地球全体にとって貢献できることは何かを追求してまいります。

AOKI_logo_color_ver-01
campany_factory_img

Company information

企業概要

会社名 株式会社 青木固研究所
資本金 2,200万円
創立 昭和51年3月
代表者 代表取締役会長 青木 茂人
代表取締役社長 森泉 学人
本社

〒389-0603
長野県埴科郡坂城町南条4963-3
TEL:0268-82-3015(代表)
TEL:0268-82-0111(営業直通)

事業内容 PETボトルなどのプラスチック容器の生産機「インジェクションストレッチブロー成形機(射出延伸ブロー成形機)」、金型、付属機器、部品の企画・開発・製造および販売

 

company_philosophy-01

Corporate philosophy

社是

私たちは独自性と誠意を持って、

いたずらに規模のみを追わず、

世界文化の向上と地球環境の保全に貢献します。