テクノロジー

AOKIのキーテクノロジー「ダイレクトヒートコン」

究極のシンプル機構
1ステージ3ステーション成形システム

プラスチックの性能を飛躍的に高める二軸延伸ブローによる容器成形技術は今日の私たちの生活になくてはならない技術となっています。
AOKIが独自に開発した射出延伸ブロー成形技術「ダイレクトヒートコン成形テクノロジー」はプリフォームの温度調節を射出成形と同時に行う、再加熱を必要としないテクノロジーです。
この技術により原材料から容器成形までをわずか3つのステーションで完了します。
製品の精度・強度・薄肉軽量化などを左右する正確な温度調節をプリフォームの射出成形と同時に行うことで高付加価値の容器成形を実現いたしました。
最少の成形ステップで原材料から容器まで1台の成形機で作るため、故障や不良品発生のリスクを極限まで抑えることができます。
原材料からプリフォームを射出成形、プリフォーム成形時の保有熱量を利用して延伸ブローすることにより、ヒーターなどの再加熱費用をゼロに、プリフォームを冷やすための時間短縮・冷却機の小型化を実現。これにより、ボトル1本あたりの成形コストの大幅ダウンと大量生産を可能としています。
さらに、再加熱方式と比べ、プリフォームの輸送費がかからないため輸送費用の大幅な削減が可能です。

究極のシンプル機構1ステージ3ステーション成形システム

アイデア・発想を実現する技術

アイデア・発想を実現する技術

プリフォーム再加熱方式はヒーターとプリフォームの間に空気層があるため、全体が一定の温度となり、正確な温度差をつけることが困難です。一方、ダイレクトヒートコン成形テクノロジーはプリフォームの温度調節を射出成形と同時に行うため、プリフォームの細部まで正確な温度調節が可能です。

最適な温度分布の状態のまま素早く延伸ブローが可能な1ステージ3ステーション機構により、プリフォームの肉厚・射出圧力・射出スピード・冷却時間をコントロールし、正確な温度分布をつくりだします。あなたのアイデアを忠実に容器形状として成形することが可能です。

解説ムービー

さまざまなニーズに応えるAOKIの容器成形技術

軽量化・耐熱性・機能性・耐薬品性などの様々なニーズに豊富な経験と技術力でお応えします。

容器開発

AOKIの技術が実現する本当のコスト削減とは

費用対効果を最大とする機械の選定基準は、単に購入時の価格だけでしょうか?
1時間あたりの生産量、成形サイクル、消費電力、生産コストだけで機械の性能を評価していませんか?

本当のコストとは
容器軽量化・薄肉化技術

容器軽量化・薄肉化 成形技術

容器の軽量化・薄肉化にも高い技術開発と「ダイレクトヒートコン成形テクノロジー」の組み合わせでお応えいたします。
ネック部のブロー技術による軽量化、金型機構による超薄肉偏平瓶成形時の芯ズレの解消、均一な肉厚容器成形や広口容器のバキューム対策など、軽量化・薄肉化についても付加価値の高い容器成形を実現します。
また、ネック部のブロー技術のように軽量化を進めることで成形サイクルの短縮も可能としています。

技術例

プラスチック材料別 成形技術

「熱に強い容器」「気密性が高い容器」「薬品に強い容器」「強度がある容器」「衝撃に強い容器」。容器に求められる機能や特性はますます多様化しています。使用形態や機能、充填する内容物により最も適した材料が選べる時代でもあります。
耐薬品性の面からガラスでしか対応できなかった容器も、より高機能な材料の開発が進み、より安全性の高いプラスチック材料に置き換わる事例も増えています。
PET、PC、PP、HIPS、PEN、PE、PAなどの特性が異なる樹脂の安定成形が可能です。

プラスチック素材別技術

用途に応じた成形材料

容器形状・容量別成形技術

容器形状・容量別 成形技術

プラスチック容器に求められる特性は非常に多岐に亘り、その要求レベルはますます高くなっています。最も基本的な保存性や可搬性はもとより、使用シーンにおける、「注ぎやすい」「取り出しやすい」などの人が感じる便利さと、固形物と液体、粘性が高いものと低いものというような内容物により、求められる機能が異なります。
更に容器デザインによるブランディングや訴求力向上ニーズもますます高くなっています。近年では環境負荷の低減も重要な要素となってきています。AOKIはこうした様々な市場ニーズにお応えし、さらなる付加価値を提供し続けます。

技術例

リサイクルPET100% 成形技術

AOKIは省資源化への取り組みとして自社の持つ技術を最大限に活かしたプロジェクトを提案しています。 「AOKI eco project」とは、使用済みPETボトルのリサイクルシステムです。使用済みPETボトルを洗浄・粉砕したリサイクルPET100%フレーク材をそのまま使用し、新たなPETボトルを生産するこのプロジェクトは世界中で高い評価を得ています。

リサイクルPET100%フレーク材からそのまま容器成形

AOKIの射出延伸ブロー成形機「AOKIシリーズ」ではリサイクルPET100%フレーク材を使用して非常に高品質な容器成形を実現しています。独自の射出延伸ブロー成形技術「ダイレクトヒートコン」をコアに、リサイクルPET100%フレーク材をそのまま使用した成形技術を確立しました。一般のリサイクルペレット材を利用した成形と比較した場合大きなエネルギーの差となります。

リサイクル成形
リサイクルPET100%フレーク材から成形するAOKIシリーズ

AOKIの技術が実現する本当のコスト削減とは

費用対効果を最大とする機械の選定基準は、単に購入時の価格だけでしょうか?
1時間あたりの生産量、成形サイクル、消費電力、生産コストだけで機械の性能を評価していませんか?

本当のコストとは